どこでパーツを手に入れられるの?

iPhoneが故障したらどうするか

iPhoneの故障の原因は落として画面にヒビが入ったり、水没させてしまって起動しなくなったりなど様々です。このようなトラブルが起こった場合は修理に出すことを考えることでしょう。修理をしてもらうためには、iPhoneを購入したショップや携帯キャリアのショップに行くのではないのです。正規サービスプロバイダや直営店に壊れたiPhoneを持ち込むことになります。しかし、営業時間や場所の都合で持ち込むことが困難な場合があります。iPhone修理専門店に持ち込む方法もありますが、時期によっては日数が掛かることがあります。実はiPhoneの故障内容によっては、自分で修理できる可能性があります。自分で修理できれば、費用や時間を短縮できて便利です。まず、修理に必要なパーツを揃えることから始めましょう。

意外と簡単にパーツは購入できる

意外と知られていないことなのですが、iPhoneの修理をするためのパーツは簡単に購入できます。費用をかけずに早く修理をしたいと思うのは当たり前ですし、実際に多くのiPhoneユーザーが自分で修理をしています。では、修理に必要なパーツはどこで購入すればいいのでしょう。実はiPhone修理専門店やインターネットで販売されていて、簡単に購入できます。特にiPhoneのフロントガラスの交換やバッテリー交換をする人が多く、パーツを扱っているショップも沢山あります。パーツだけでなく、自分で修理するのに必要な工具セットを販売しているショップもあります。目安ですがバッテリーの費用は約2000円、工具セットは約1000円ほどです。自分で交換できなかった場合は、対応してくれるiPhone修理専門店もあります。